『ホンマでっか!?TV』で紹介された☆同じ治療器ハイフ(ウルトラセルQ+)お顔全体で30,000円

11月25日フジテレビの、『ホンマでっか!?TV』で放送された「ハイフ」。
ゲストのりんたろー。さん、オカリナさん、磯野貴理子さんが治療を試されたハイフは、10月に当院に導入した『ウルトラセルQ+』でした。

出演されていた上原先生がおっしゃっていたように、『ウルトラセルQ+』の一番の売りは、今出ているハイフの中で一番、「痛みが少なく、打つスピードが速く時間が短い」ことです。

 

 

「ハイフ」とは、超音波を皮膚の下の組織「SMAS」に、熱エネルギーを加えることで、小さな熱損傷をつくります。その熱損傷の部分を修復するために、肌本来の自然治癒力で、さまざまな物質が生産されます。

その物質のひとつが「コラーゲン」です。熱損傷を修復しようとして、その周りの部分にも「コラーゲン」の増生がうながされるため、たるみを根本から治療していくことが可能です。

つまり、ハイフの熱損傷により、コラーゲンが生成され、お肌のたるみ、リフトアップが可能になります。

 

肌と歯のクリニック東京ベイ幕張では、新しく導入した『ウルトラセルQ+』のお顔全体のハイフ治療330ショットを、従来の医療用ハイフ『ウルトラセル』と同価格でご提供させて頂いております。

 

お気軽に043-386-9138までお問合せ下さいませ。

 

新規にLINEお友達登録して頂くと、びっくりするおまけがございます。

登録して頂くとお分かりになりますので、ぜひ、この機会にお友達登録をよろしくお願いします。

 

施術名:ウルトラセル

施術の内容
特殊な超音波により表皮から真皮、SMA筋膜と呼ばれる組織に熱を加え、肌コラーゲンが再生成される過程でしわ、ハリ、リフトアップ、たるみ改善などを目的とした治療を行います。
治療のリスク・副作用

疼痛、線状発赤、熱傷、一過性神経麻痺などを起こす可能性があります。

治療期間

1日程度

通院回数

1回程度

医薬品・医療機器名

ULTRAcel

医薬品・医療機器について

当院のULTRAcel は韓国のJeisys Medical社より個人輸入したものです。
ULTRAcelを用いた治療は保険適用外の自由診療となります。厚労省の認可(医薬品医療機器等法上の承認)は得ていないため、まだ明らかになっていないリスクが存在する可能性があることをご了承ください。