目の下のクマ治療

  • クマ・目の下のくぼみ 目の下のクマを 切らずに治す最新治療クマ・目の下のくぼみ 目の下のクマを 切らずに治す最新治療

当院のクマ・目の下のくぼみの治療について

目の下のクマは疲れや寝不足からくるものだと思われがちですが、目の下のクマにも種類があり原因もさまざまです。
老けてみられやすく見た目年齢を上げてしまう目の下のクマを正しく理解し、症状にあった治療法を行うことが大切です。

再生治療を用いた目の下のくぼみ、クマの治療

再生治療を用いた
目の下のくぼみ、
クマの治療

当院では自己の血液を用いた再生治療ニューリバイブζ(成長因子添加PRP)をはじめ、さまざまな方法で目の下のクマ治療を行っております。目の下のクマ治療は医師の技術・経験で仕上がりが全く変わってきます。豊富な経験、高い技術力が必要な治療です。

治療の不安を徹底的に解消

治療の不安を
徹底的に解消

治療を受けた結果「どれぐらい良くなるのか」「腫れたりして日常生活に支障がでてしまうのではないか」「すぐに元に戻ってしまうのではないか」など治療を受けられる患者様は不安でいっぱいです。当院ではカウンセリング時に治療の良い部分だけでなく、患者様にとってデメリットとなりえる部分についてもご説明いたします。すべての不安を解消した上で治療を行っていただきたいと考えています。

目の下のクマとは

目の下のクマの原因は疲労、睡眠不足、血液の黒ずみ、メラニン色素などさまざまです。
目の下のクマにも大きく3つの症状に分けられます。正しい治療を行うには、ご自身の目の下のクマの原因と症状を知る必要があります。

血行不良による目の下のクマとは

血行不良による目の下のクマは、疲れ、寝不足、眼精疲労、ストレス、冷え、ホルモンバランスの乱れなどさまざまな原因により、血行不良が生じ青黒い血管が透けて見える症状です。目の下は特に皮膚が薄いため、症状が出やすい部位です。

色素沈着による目の下のクマとは

色素沈着による目の下のクマは、紫外線ダメージによるメラニンの増加、乾燥、摩擦、加齢などが原因で、目の周囲が茶色にくすんだ症状です。新陳代謝が正常であればメラニンは剥がれ落ちますが、新陳代謝が乱れているためクマとして残ってしまいます。

皮膚のたるみによるクマとは

皮膚のたるみによるクマは加齢や眼輪筋のゆるみなどが原因で、皮膚のたるみや凹みができることで、そこに影ができてしまう症状です。たるみの主な原因であるコラーゲンの減少を食い止め、乾燥を予防することが大切です。

目の下にクマができる原因

目の下のクマの原因はさまざまで、症状によって治療法も変わってきます。原因を知ることも、目の下のクマ治療の1つといえるでしょう。

  • クマができる要因

    • 冷え
    • 生活習慣の乱れ
    • ホルモンバランスの乱れ
    • 睡眠不足
    • 疲労
    • ストレス
    • 目の疲れ
    • 紫外線によるダメージ
    • 肌への摩擦
    • アトピー性皮膚炎
    • 肌の乾燥
    • 化粧品かぶれ
    • 生まれつきの目の下の脂肪不足
    • 加齢による脂肪の萎縮
    • 加齢による筋肉の緩ゆるみ
    • 加齢による眼窩脂肪の突出

よくある質問

クマ治療はどれぐらい腫れますか?

注射での治療の場合は2~3日は軽度の腫れがありますが、目立つような腫れではないため、翌日から外出などは可能です。

クマ治療は内出血しますか?

注射での治療の場合は内出血の可能性があります。極細の針を使用しているため、目立つ内出血になることはほとんどありません。内出血がある場合でも通常メイクで隠すことができる程度です。ジェネシスなど機器を用いた治療の場合、内出血はありません。

クマ治療後の注意事項を教えてください。

治療方法によりますが、治療当日は入浴、運動、飲酒はお控え下さい。シャワー浴は問題ありません。長時間の入浴やサウナなど1週間ほどお控えください。

痛みがあるか心配です。

注射の治療の場合、治療前に表面麻酔をしますので、強い痛みはありません。ご安心ください。

治療後に通院の必要はありますでしょうか?

機器による治療の場合、通院の必要はありません。注射による治療の場合、1週間後、1か月後に経過を見せて頂いております。何か気になる症状がでましたら、いつでもクリニックまでご連絡ください。


目の下のクマの治療一覧


機器を用いた
目の下のクマ治療

ジェネシス

サーマクール



平日 10:30〜13:00 15:00〜19:30
土曜 10:30〜13:00 15:00〜17:00
〒261-0021 千葉県千葉市美浜区ひび野2-3
アパホテル&リゾート<東京ベイ幕張>セントラルタワー2F

お問い合わせ・ご質問・ご相談はこちら

WEB診療予約

無料メール相談

TEL