小顔・フェイスライン

  • 小顔・フェイスライン(輪郭)小顔・フェイスライン(輪郭)

当院の小顔・フェイスライン(輪郭)治療について

以前は外科手術などに頼るしかなかった小顔治療。
最近はダウンタイムの少ない治療で、手軽にフェイスラインを整えたり、小顔になることができるようになりました。

当院ではBNLS注射、輪郭注射、ボトックス(ボツリヌストキシン)注射、ヒアルロン酸注射などの注射による施術、
ウルトラセルなどの機械を中心としたフェイスライン(輪郭)治療など豊富な治療法を取りそろえております。

正確なシミの種類の診断

豊富な
治療メニューから
最適な治療を選択

小顔治療やフェイスラインの治療は、少しの変化で顔の印象を大きく変えることができる治療です。しかし、少しの変化でイメージを落としてしまうこともあります。そのため顔全体のバランスを取りながら、フェイスラインを整えることが大事です。 当院では注射による治療、機械による治療など豊富な治療法をご用意しております。 それぞれの方のご要望をもとに、これまでの豊富な経験に照らし合わせ、最適な治療法をご提案しています。

適切な医療機器・ 出力の選択

しっかりとした
評価をもとにした
時間をかけた
カウンセリング

私たちのクリニックでは流れ作業のようなカウンセリングは行っておりません。 一人ひとりの患者様に時間をかけ、きめ細かなカウンセリングを行うようにしています。それぞれの方のご要望を把握し、その解決策を見つける上でカウンセリングはとても大事です。カウンセリングに加え、大事にしていることは施術前の評価です。当院では、施術前にベクトラ(VECTRA)を用いた三次元的なお顔の評価を行っております。患者様のご要望を的確に把握し、問題点を見極めることにより、その方に本当に合う治療をご提供したいと考えています。ベクトラによる撮影では、施術後の変化を評価することもできます。

適切なアフターケア

痛み・
ダウンダイムの
少ない治療

以前は手術による治療しかなかった小顔治療ですが、今は注射や機械を用いた治療で手軽にフェイスラインを整え、小顔になることができるようになりました。とは言え、注射による痛みは心配なものです。できるだけ痛みを少なくするため、できるだけ内出血によるダウンタイムを最小限にするため、使用する針をできるだけ細いものを選ぶなど、自分ならこうしてもらいたいと思える治療にこだわっています。

お顔のお悩みについて

顔の形や大きさは骨格、脂肪・筋肉のつき方、年齢、その時の体調などによって違います。
カウンセリング時にお顔の問題点を医師がしっかりと診断することが重要です。

エラ張り

野球のホームベース型のような角ばった顔に見えてしまい、顔が大きいと悩まれている方は少なくありません。原因は骨格の問題や、筋肉の問題によることがほとんどです。多くの場合、両者を合併しています。顔が大きいという見た目の問題ばかりでなく、顎の関節など歯科的な問題となっている場合も少なくありません。朝起きたときにあごが疲れる感じがする方、就寝時に歯ぎしりや食いしばりをしている方は注意が必要です。当院ではボトックス(ボツリヌストキシン)注射を中心に治療を行っております。

エラボトックス注射についてはこちら

脂肪による顔太り

骨格の問題ではなく、頬やあごの下に脂肪がつくと、顔が大きく見えてしまいます。また顔周りの脂肪はダイエットでは落ちにくい部位でもあります。当院ではお顔専用の脂肪溶解注射である輪郭注射、BNLSなどによる治療を行っております。

輪郭注射についてはこちら
BNLSについてはこちら

頬のこけ

頬骨の下の脂肪は、年齢が上がるとともに徐々に下がっていきます。その結果として頬がこけ、移動した顎周りの脂肪によりお顔が四角くなっていきます。頬のこけを治療することにより、見た目年齢を若くすることができます。

ヒアルロン酸注射についてはこちら

あご周りのハリ感を出したい

年齢によるたるみの進行とともに、あご周りに脂肪がつきお顔が四角くなり、ハリ感がなくなっていきます。
あご周りの脂肪を減らし、余った皮膚をひきしめる治療が有効です。

輪郭注射についてはこちら
ウルトラセルについてはこちら
タイタンについてはこちら
サーマクールについてはこちら

小さいアゴ(短いあご)

あごが小さい(短い)方は丸顔の印象を与えます。あごを出すことにより輪郭をシャープに見せ、小顔効果を得ることができます。横顔の印象に変化をつけられます。

ヒアルロン酸注射についてはこちら

額に丸みを出したい

平たい額は男性的な印象を与えてしまいます。眉上の凹凸を改善することで、丸みのある女性らしい輪郭に整えることができます。

ヒアルロン酸注射についてはこちら

顔のむくみ

朝起きた時に顔がむくみ、まぶたが腫れぼったいとお悩みの方、体重は増えていないのにフェイスラインがぼやけているように感じられる方、このような方はむくみが原因かもしれません。むくみの原因は水分や塩分の取りすぎや、リンパの流れが悪いことなどが考えられています。当院ではインディバにより、むくみの改善に取り組んでいます。

インディバについてはこちら

平日 10:30〜13:00 15:00〜19:30
土曜 10:30〜13:00 15:00〜17:00
〒261-0021 千葉県千葉市美浜区ひび野2-3
アパホテル&リゾート<東京ベイ幕張>セントラルタワー2F

お問い合わせ・ご質問・ご相談はこちら

WEB診療予約

無料メール相談

TEL