自分よりも他人に意外に見られている手・若さの秘訣は、顔、髪、手が重要!?

女性の老け手に関することをしらべていたところ、ロート製薬株式会社が2019年にとても興味深い実態調査と、調査結果をまとめられていました。

(参考:https://www.rohto.co.jp/news/release/2019/0830_01/

 

人は、自分に対して、他人に対して、顔、髪、手の順番に老けを感じるとのことです。

また、多くの人は、他人の「老け手」には敏感ですが、自分の手の老けに対しては鈍感だという興味深い結果でした。

 

その中で、50代~60代は2人に1人が「血管が目立つ手」を気になり、老けて見える手の特徴の1位は「しわが目立つ手」という結果。

 

手のしわ、血管が気になっていた患者様に、何度かほうれい線、ゴルゴライン、マリオネットライン、目の下のしわでご紹介させていただいている【W-PRP・ニューリバイブζ】で治療をしました。

 

【W-PRP・ニューリバイブζ】とは、異物ではなく、自分の血液の中の血小板で治療ができる再生医療になります。ヒアルロン酸に比べ、もちがよく、半永久的と言われています。

つまり、半永久的ともいわれていることから、コストパフォーマンスがとっても高い治療とも言えるかとおもいます。

 

一方、注入する量を入れすぎると、中でしこりができてしまうため、経験がある先生にお願いすることをお勧めします。

よくあるご質問ですが、【W-PRP ・ニューリバイブζ】は当日の治療は可能です。

 

こちらの患者様は治療してから1年経った今でも、とても【W-PRP ・ニューリバイブζ】の効果にご満足してくださっているとのことです。

 

手のしわ、しみが気になりはじめましたら、お気軽に043-386-9138までお問い合わせください。

 

施術名:ニューリバイブジータ(成長因子添加PRP)

施術の内容
血液から濃縮した血小板の液(PRP)を作り、注入することにより、しわなどを改善する治療です。成長因子などを加えることで効果を上げることができます。
治療のリスク・副作用

注射部位に内出血、発赤、腫れ、痛み、かゆみ、熱感、硬結、色素沈着、痺れを生じる可能性があります。

治療費

165,000円(税込)

治療期間

1ヶ月~3ヶ月程度

通院回数

1回~4回

医薬品・医療機器について

当院で行っているPRPは「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」に基づき、厚生労働省への届出のもと治療を行っております。