ブログ

目の下のたるみ・ほうれい線・マリオネットライン・・・50代女性

目の下のたるみ、ほうれい線、マリオネットラインがお悩みだった50代女性。

ダウンタイムがほとんどなく、自分の血液を遠心分離機にかけ血小板を採取する再生医療のニューリバイブζ(成長因子添加PRP)を行いました。

1.ニューリバイブζ(成長因子添加PRP)とは、ご本人から採血した血液中の血小板を濃縮したもの(W-PRP)成長因子を加え注入する治療です。目の下のたるみや法令線の改善、肌の若返りを目的とした治療です。

 

 

2.血小板は壊れた血管や細胞を治す働きをしています。さらに、血小板には「成長因子」と呼ばれる体の細胞を活性化する成分が含まれており、この成長因子が放出されることによってコラーゲンの再生や毛細血管の新生などが促され、肌の若返りを図ります。

高濃度に濃縮された血小板を多く含むニューリバイブζを注入することでしわを改善します。

 

 

3.採血をしたあと、表面麻酔クリームを塗布し時間をおきます。その間に、血液から成分を抽出します。

 

 

4.治療時間は、採血から治療終了までおよそ1.5時間となります。

 

 

5.注入時、まれに軽度の疼痛、内出血、腫れを伴う場合があります。通常治療後2~3日がピークとなり1週間程度で改善します。その後、3ヶ月~半年にかけて更なる肌の若返り効果が期待されます。

 

 

6.治療後より、洗顔・化粧・シャワーが可能となります。

 

当院では、カウンセリングから、
レザー治療、すべて院長が自ら行っております。
肌のこと、歯のことお気軽に、
043-386-9138までお問合わせくださいませ。

 

ダウンロード

1Oku9TeA8T

平日 10:30〜13:00 15:00〜19:30
土曜 10:30〜13:00 15:00〜17:00
〒261-0021 千葉県千葉市美浜区ひび野2-3
アパホテル&リゾート<東京ベイ幕張>セントラルタワー2F

お問い合わせ・ご質問・ご相談はこちら お問い合わせ・ご質問・ご相談はこちら

WEB診療予約

無料メール相談

TEL